スタッフの旅日記
Staff Blog

航空券(国内線)の名前の間違え

これはどこそこからの帰り(;’∀’)確か関西空港での出来事です。

到着便が遅れて、予約をしていた航空便に乗り遅れてしまいました。

次の便の福岡行きは最終便、、、弊社の社員へ電話をしてその便の予約発券を

至急お願いいたしました。ほんとにギリギリの時間だったのを覚えています。

今の時代はEチケットなので、確認番号を電話でもらえば空港のカウンター

(か端末)で発券をしてもらえます。とても便利になりました。

一昔前は、チケットを忘れたら空港で再度、通常運賃で購入していただき、

後日、通常運賃代金を払い戻ししておりました。古き面倒な時代でした。

で、私は普段、旧姓で仕事をしているので、その社員は旧姓で航空券の

発券をしてしまったのです。カウンターの係員の女性は

”お名前が違う場合、お乗せすることはできません!!!!!!”と

無情にも言い放ちました。 最終便なのに、、、ちょっと意地悪(-_-;)

私: ”そうですか、、、でしたら明日の便にします” 

なんて、言うわけないじゃん。私も明日から仕事だし、娘も学校があります。

”でしたら、この航空券の払い戻しをして発券のし直しをしてください。

払い戻し手数料¥430(今は¥440)で済みますよね”

↑ ここで払い戻し手数料というのがミソ

通常運賃で購入した場合、かかるキャンセル料は払い戻し手数料のみ。

早割や特割等で購入しました際は、他に取り消し手数料がかかるので

キャンセル料が高くなるのです。

この時、搭乗手続き締め切りまであと数分。さあ~~~どうするの??? 

その女性、 ”今回だけはこの名前で搭乗を許可しましょう”と

聞き捨てならぬお言葉をはかれましたが、、、、、時間のない私たちは、

ダッシュで搭乗口まで。なんとか無事福岡へ帰ることができました(;’∀’)

*写真は何年か前に1時間後に来店される予定のお客様がすぐに来店

されて、焦って発券して名前を間違えてしまったものです。

お互いにびっくりしました。もちろん、発券のし直しをしました。

前のページへ
海外旅行中のトラブル~~大好物(⋈◍>◡<◍)。✧♡~~の巻 その弐
関連記事